診療のご案内

不妊治療のご案内

生殖医療専門医が、自信を持って責任ある治療に取り組んでおります。

また、最高の技術を持った多くの認定胚培養士が高度不妊治療を支え、滋賀県で件数、成績(全国トップレベル)ともNO.1の実績を生み続けています。

不妊治療の実績はこちら 不妊治療経験者喜びの声はこちら

不妊治療はどういうことをするの?

不妊治療は、検査の結果によっておこなわれる治療の内容が異なります。不妊の原因は女性ばかりではなく、男性にも原因がある場合もあり、検査結果に合わせて治療していきます。

不妊治療はどういうことをするの?

治療をする前には原因を解明するために、月経周期に合わせて、一番良い時期にタイミングよく基本的な検査をおこなっていきます。

≪ 月経周期と必要な検査 ≫

卵胞期(基礎体温:低温期) 排卵期 黄体期(基礎体温:高温期)
  • ホルモン検査(血液検査)
    卵巣機能を調べます
  • その他(血液検査)
    甲状腺機能検査、抗精子抗体、クラミジアを調べます
  • 子宮卵管造影検査
  • ヒューナーテスト
  • 尿検査(尿中LH測定)
  • ホルモン検査(血液検査)
    黄体機能を調べます
経膣超音波検査は必要に応じておこないます。

基礎体温表をつけている方は診察時に提示下さい。

基礎体温

目が覚めたら布団から出る前に、すぐに測定しましょう。

※基礎体温からわかること

高温期が短い→卵がきちんと成熟せずに排卵し、黄体ホルモンの分泌が不十分であると考えられます。

高温期が長い→妊娠の可能性があると考えられます。
もしくは、精神的なストレスや肉体疲労によるものかもしれません。

体温がバラバラで2層性でない→きちんと排卵してない可能性があります。

経膣超音波検査

膣内に超音波断層装置を挿入し、子宮や卵巣の状態を検査します。

排卵日の推定も可能な検査となり、月経期には5mm程度の卵胞が排卵期には20mm程度になり、さらに排卵後の卵巣内の様子などもモニターで確認できます。

子宮内に存在する子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫なども診断できます。

排卵期の卵胞と子宮内膜 左:卵巣(卵胞)右:子宮内膜

尿検査(尿中LH測定)

尿中の黄体化ホルモン(LH)を調べて排卵日を予測します。

ヒューナー検査

排卵期に性生活(検査当日の朝、または前夜)を行った後、子宮頸管粘液を少量採取し、顕微鏡で状態を観察して運動精子の数を調べます。
運動精子が多数確認できれば、子宮腔内へ精子が上がって行っていると判断します。運動精子が確認できなければ、抗精子抗体が疑われますが、その場合は数回の検査が必要となることがあります。

ホルモン検査(血液検査)

  • 月経開始から2~4日目に血液検査を行い、卵巣機能を調べます。(FSH・LH・E2・PRL・テストステロン)
  • 排卵後5~8日目に血液検査を行い、黄体機能を調べます。(P4)
脳下垂体から出るホルモン FSH(卵胞刺激ホルモン) 卵巣に働き、原子卵胞を成熟卵胞へと育てていきます。このホルモンの値が高いと、卵巣の機能が低下してしまい、卵胞の発育を抑制します。
LH(黄体化ホルモン) 排卵直前に普段の数倍量も分泌され、成熟卵胞から卵を排卵させます。排卵後は残った卵胞を黄体にかえていきます。
PRL:プロラクチン
(乳汁分泌ホルモン)
母乳をつくるためのホルモンで、妊娠以降分泌量が増えます。妊娠してないのにプロラクチンが高い場合、排卵障害が起こる事があります。
テストステロン 男性ホルモンのひとつで、この値が高いと排卵障害を起こすことがあります。
卵巣から出るホルモン E2:エストラジオール
(卵胞ホルモン)
卵胞の成熟とともに分泌され、子宮内膜を厚くし、頸管粘液(おりもの)を増やします。
P4:プロゲステロン
(黄体ホルモン)
体温を上昇させ、E2によって厚くなった子宮内膜をさらに着床しやすい状態にします。
妊娠すれば分泌され続け、妊娠を維持します。

その他の血液検査(月経周期のいつでも行うことができる検査です。)

  • 甲状腺機能検査

甲状腺ホルモンの値が高くても、低くてもよくありません。甲状腺機能に問題があることで、ホルモンバランスが崩れやすくて、無排卵や無月経になることもあります。また、着床障害、流産の要因になることもあります。

  • 抗精子抗体検査

精子に対する抗体が出来ていないかを調べます。抗精子抗体があると精子を異物として免疫反応が起こり、精子の動きを止めてしまうため、受精や妊娠に影響します。

  • クラミジア検査

性感染症のひとつで不妊の原因となる卵管の通過性や子宮、卵管の炎症や癒着の原因となります。

  • AMH検査

卵巣に卵子がどのくらい残っているかを推定します。

子宮卵管造影検査(自費・予約制)

月経終了2~3日後におこないます

造影剤を用いて、卵管の通過性や子宮の形態などをみる検査です。

当院では…

X線被爆もなく、ヨードアレルギーの心配のない経膣超音波検査でおこないます。
子宮や卵管、卵巣をリアルタイムにモニターで確認します。

精液検査(自費)

ご主人に精液を採取(採精)して頂く必要があります。
事前に滅菌容器をお渡ししてご自宅で採精後お持ちしていただくか、院内の採精室をご利用し採精していただくかになります。
検査の内容ついては、精液量、精子濃度、運動率、正常形態精子(精子奇形率)などを調べます。

精液検査 基準値
精液量 1.5ml以上
精子濃度 1ml中に1500万個以上(15×106/ml以上)
運動率 40%以上
正常形態精子 4%以上(奇形率96%未満)
白血球数 1ml中に100万個未満(1×106/ml以下)

治療について

タイミング治療

超音波検査や尿検査などから排卵日を予測し、性生活のタイミングを伝え、それに従って性生活を持ち、妊娠を目指します。
卵胞の直径が20mmを超えてくれば排卵が近いといえるでしょう。
また、頸管粘液の量が増えてくることで排卵を予測することも可能です。

軽い排卵障害がある場合、月経の3日目頃から(医師の指示に従って)、排卵誘発剤(内服薬:クロミッド、レトロゾールなど)を服用して、その後、卵胞の発育を超音波で定期的に確認していきます。
内服薬が無効の場合や重度の排卵障害の場合、注射(自己注射できる薬もあります)により
卵胞の発育を促す場合があります。

人工授精 ≪AIH≫(自費・予約制)

排卵日にあわせて採取した精液を洗浄・濃縮して、人工的に子宮の内腔に注入する方法です。
精子を子宮の中へ注入することで、精子の遡上を助けます。

・精子減少症・精液過少症や精子の運動率が悪いなど精液性状の悪い場合
・ヒューナーテストで子宮内に運動精子が認められない場合
・頸管粘液の分泌が少ない場合
・不妊検査の結果より男女ともに不妊の原因が不明でタイミング療法が無効だった場合(ステップアップ治療法として)

以上のような場合、人工授精の適応となります。

体外受精・胚移植法 ≪IVF-ET≫(自費・予約制)

卵を体外に取り出し、受精から分割までの卵管でのプロセスのすべてを体外でおこなう方法です。1979年イギリスで世界初の体外受精児が誕生し、1983年日本で初めて体外受精が成功しました。

当院では、患者様それぞれにあった治療法を見出すため様々な手法を提供させていただいております。
現在では、体外受精胚移植法の治療の中で、媒精法だけではなく、高度な技術を必要とする授精を助ける顕微授精法や、受精卵及び精子の凍結保存、無精子症の方への精巣精子回収術等もおこなっております。

体外受精についての詳細は、IVF説明会にてお話しさせていただいております。

IVF説明会のスケジュールはこちら

各種カウンセリング

基本的な説明会から、担当医師とマンツーマンでじっくりと方向性を考えるカウンセリングまで、各種カウンセリングにご参加いただけます。

IVF説明会【無料】

体外受精を受けていただく方は必ずIVF説明会にご参加いただきます。
不妊治療に関する基本的な知識と当院の体外受精のスケジュールについての説明をいたします。

IVF個別相談【有料】

体外受精をはじめて受けられる方対象。
体外受精の治療法やスケジュールについて詳しく聞きたい、卵子や精子、培養について聞きたいなどの疑問に体外受精コーディネーターがお答えし、また患者様のライフスタイルにあったスケジュールもご提案します。

院長カウセリング【有料】

治療をおこなっている間、その方向性について当院の医師とより深く深く相談していただけます。

胚培養士外来【有料】

体外受精治療中の方対象。
専門家である胚培養士と直接面談をしていただきます。多くの実績に基づいて患者様ひとりひとり治療経過を含め具体的なお話をさせていただきます。

不妊カウンセリング【無料】(2回目より有料)

不妊治療を受けていただく中で様々なお悩みや不安などに対して、総合的な知識をもった当院専属の不妊カウンセラーがカウンセリングをいたします。